• HOME
  • 院長あいさつ
  • 診療項目
  • 胃の病気
  • 大腸の病気
  • アクセス
  • 胃カメラ
  • 大腸カメラ
  • NBI 福岡市内でも数少ないNBI(LUCERA ELITE)導入医院
  • カプセル内視鏡
  • BLI

新着情報

一覧を見る

2016/07/02

夏季休業のお知らせ(お盆休み) 8月13日(土)~8月16日(火) 8月17日(水)から通常診療です。

2015/12/07

「週刊ポスト」「医師が選んだ胃カメラの名医全国120人」に紹介されました。

2015/12/01

12月12日から土曜日の胃カメラ検査は、代診の先生にお願いしております。(日本消化器内視鏡学会専門医の先生方です。)院長希望の方には対応いたします。また外来診療は院長が担当いたします。土曜日の患者さんの数が多いための対応です。御理解と御了承をお願いいたします。

2015/10/17

10月17日にBS JAPAN 「教えて!ドクター」に出演させていただきました。木佐彩子アナウンサーと胃がんについて対談しました。

2015/06/02

5月28日FBS福岡放送「めんたいプラス」で当院の大腸カメラ検査が紹介されました。


 



 

胸やけ

胃痛

胃もたれ

食欲不振

貧血

のどの違和感

吐き気

便の色が黒い

体重が急に減少

下痢が続く

便秘が続く

便が細くなった

血便が出た

便潜血検査陽性

親族に大腸ガン

痔持ち

潰瘍性大腸炎

クローン病

診療科目

胃カメラのイメージ

内科
風邪・インフルエンザ・花粉症・生活習慣病・痛風・糖尿病・高脂血症・メタボリック症候群など

胃腸内科・内視鏡内科
食道・胃・十二指腸、食道癌、逆流性食道炎、胃炎、胃がん、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの上部消化管疾患に対しましては、楽な検査で評判の「経鼻内視鏡」と、精細な観察・診断が可能な「経口内視鏡」の2種類のカメラを揃えて、早期で小さな病変までも確実に診断を付けるよう心がけております。

当院では「日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師(平成19 070909号)」をもつ看護師が勤務しています。(資格を取得するには看護師等「国家認定資格」を有する者が内視鏡技師研究会・講習会等の研修を受け、内視鏡の実務経験を2年以上積み、その上で学会認定試験[筆記試験および口頭試問]に合格した場合に認定される資格です。 )

放射線科
主にエコー検査を行っております。頚動脈、甲状腺、乳腺、肝、胆、膵、腎、脾臓、副腎、後腹膜リンパ節、心臓、大動脈などご病気の診断に用いることができます。大変幅広い臓器に対して安全に行える検査です。

胃カメラ

胃カメラのイメージ

当院の院長は日本消化器内視鏡学会(指導医・専門医)と日本消化器病学会の専門医でもあります。
また上記二つの学会の九州支部評議員でもあります。

2万症例以上内視鏡実績と経験を基に検査しております。

日本消化器内視鏡学会の指導医・専門医とは

福岡県の内視鏡学会専門医はこちら
(左メニュー専門医名簿をクリック後、福岡県を選択)≫Click


初期の食道癌(食道がん)、胃癌の早期発見に非常に有用なNBI(狭帯域光観察)機能のある 胃カメラを導入しています。これは九州大学病院など市内でも数施設の基幹病院のみにしかありません。 早期食道癌内視鏡治療では九州でトップクラスの治療経験に基づいた胃カメラ検査をいたします。

NBI(狭帯域光観察)機能はこちら ≫Click

4年間でこのNBI拡大観察機能をもつこの内視鏡で15人以上の胃癌の方を発見しました。そのうち1人の方は3㎜の微小胃癌でした。

また鼻からの挿入も可能な直径約5㎜の細径内視鏡、径鼻内視鏡(フジフイルム社製最新型EG-530NW)も使用しています。明るさと視野角が140°に改善され、従来の細径内視鏡ではみつけにくかった小さな病変の発見に有用です。

細径内視鏡はこちら ≫Click

大腸カメラ

大腸カメラのイメージ

大腸内視鏡検査(大腸検査)でもNBI機能を使用した検査を行い、大腸癌の早期発見に有用です。

開業して3年間で10名以上の大腸がんを早期発見し、手術とカメラ手術で完治され、元気に過ごされております。

NBI(狭帯域光観察)機能はこちら ≫Click

直腸癌手術などをされて、人工肛門の状態の方のためにオストメイトを装備した完全個室の前処置室があります。

オストメイトはこちら ≫Click

当院では「日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師(平成19 070909号)」をもつ看護師が勤務しています。(資格を取得するには看護師等「国家認定資格」を有する者が内視鏡技師研究会・講習会等の研修を受け、内視鏡の実務経験を2年以上積み、その上で学会認定試験[筆記試験および口頭試問]に合格した場合に認定される資格です。 )

ピロリ菌

NBIのイメージ

日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医(第三回認定医 445号)です。

福岡県 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医一覧はこちら ≫Click

日本ヘリコバクター学会はこちら ≫Click

福岡県 保険外除菌対応施設一覧はこちら ≫Click

今までで500人以上の方のピロリ菌除菌治療の経験があります。ひとりひとりに合った最適なピロリ菌感染検査、除菌治療を行います。

開業してこの4年間で200人以上の方の除菌を行いました。ピロリ菌感染症認定医として、上記の経験に基づいたピロリ菌専門外来を行っています。

私はこれまでいろいろな病院に勤務し、多くの患者さんと接してきました。特に胃腸の癌患者さんは、現在大きく二つに分かれてしまいます。
早期で発見されたため、適切な治療を受けられ完治される方。その中でも最も早い段階で発見されればお腹を切ることなく、胃カメラ・大腸カメラを使った内視鏡手術で1週間の入院で完治し退院されます。
一方進行してしまった状態で発見されたため残念ながら命を落とされる方。その差はどこにあるのでしょうか?
それは早期発見と早期治療です。
胃腸の早期癌は、まったく症状がありません。検診目的で胃カメラ、大腸カメラを受けられ無症状で発見されるのが実際です。
胃腸の具合が悪いと御自分でもわかっていても、仕事の忙しさ、家事の忙しさや、御家族の介護の忙しさなどでなかなか検査を受けられず1年、2年と無理をされたうえで、体調をくずし受診されはじめて進行癌や末期癌の状態で発見される方々を私は多く見てまいりました。

しかし、そんな方々が忙しさの他に胃カメラ、大腸カメラに対する不安も受診を遅らせていたとしたら?
そのためには内視鏡検査に対する患者さんの不安と負担をできるだけ軽減すること、そして確実な診断が必要です。
もっとも早い段階で見つかった、食道癌、胃癌、大腸癌は内視鏡治療が可能です。私は早期で発見された方の内視鏡治療(ESD)を300例以上担当させていただきました。1週間の入院で完治し元気に退院されていかれます。いずれの方も信頼できる地元の胃腸内科の先生に早期発見されておられました。
早期癌内視鏡治療の経験にもとづき、1人でも多くの方が不安を軽減でき、確実な検査をうけられ、癌で苦しむことがないように内視鏡検査を通じ皆さまの健康に少しでも貢献できればと考えております。

  • 当クリニックでは、胃腸の内視鏡検査の精神的、肉体的な不安と負担を軽減することを目指します。
  • 最新の機器を使用し、経験にもとづいた確実な内視鏡診断をこころがけます。
電話予約・相談
 
8:30-12:00
15:00~18:00

△8:30-13:00

092-834-5028
24時間メールでの受付 カウンセリング無料!
WEB予約・相談
お気軽にお立ち寄り下さい 姪浜駅より徒歩14分
アクセス